婚約指輪に限らず、ジュエリーの値段はその宝石の品質で決まると言われています。
Show MenuHide Menu

ダイヤモンドの4つのC

ブライダルフェアで、親切なスタッフさんから、ダイヤモンドの品質の評価についての話を聞きました。

婚約指輪に限らず、ジュエリーの値段はその宝石の品質で決まると言われています。

詳しくはこちら⇒「婚約指輪の入門書」http://www.legaltaser.com/

ダイヤモンドは、4つのCにより品質が評価され価格につながっていくのだそうです。

それはカラット、カラー、カット、クラリティのそれぞれの頭文字をとって4Cと言われているのだそうです。

カラット、またはキャラット数はダイヤモンドの中でもよく聞く言葉ですが、じつは重さなのだそうです。
私はそれまで大きさだと思っていました。

1カラットは0.2gで、一般的にはカラット数が大きくなればそれだけ高価になるそうです。

よく有名人などの婚約発表でも、左手にはめた婚約指輪を見せ、何キャラットのダイヤモンドが施されている、という紹介のしかたをするのはよく目にします。

ダイヤモンドは、じつはカット(研磨)はとても重要で、カットにより美しい輝きに差が出てくるそうです。

カットの仕上がりにより、グレードの順位が決定されるのだそうです。

ダイヤモンドの光学的な特性を最大限に引き出してくれるのがはラウンド・ブリリアント・カットというカットだそうです。

このカット方法では、カラット数が大きいほど、輝きが増すのだそうです。

さらに、その輝きを引き立たせるためにはダイヤモンドのクラリティ(透明度)が高いほど、輝きが増すため、クラリティもとても重要なポイントになってくるわけですね。